• TOP
  • 製品紹介
  • セララベルWS-1200E

セララベルWS-1200E

セララベルWS-1200E

セララベルWS-1200Eは衛生陶器向けに開発された自社印字可能な転写紙ラベルです。
バーコードなどのイメージは市販の熱転写型プリンタと弊社の熱転写印字リボンを用いて印字します。
セララベルWS-1200Eはこれまでの転写紙ラベルと同様に粘土状態の成形品に貼り付けることが可能です。
さらに、湿った状態の釉薬上に貼り付けることやラベル上を釉薬で覆うことも可能です。

特 長

焼成温度

WS-1200Eは標準的な衛生陶器の焼成工程に適するよう設計されています。
最高の焼成温度域は約1,000〜1,250℃です。

サイズと形状

ラベルは任意の大きさと形状に対応可能。
供給形状はロールまたは短冊状で供給。

印字

印字有の場合には2次元コードを含めすべてのシンボルが対応可能、ロゴマークなども可能。
専用のセラリボンCR-G, CR-DやCR-DTを使用して高精細な印字が可能。(バーコードの場合、最小細線幅0.13mm)

用 途

衛生陶器、陶磁器、ファインセラミック部品

製品構成

セララベルWS-1200E 製品構成
Page top