• TOP
  • 製品紹介
  • セララベルLSL

セララベル®LSL

セララベルLSL

セララベル®LSLは、製造工程で発生する、すさまじい高温や、過酷な薬品の中でも使用できる、現場発行可能なセラミック製のバーコードラベルです。

白地と黒地の2層のセラミックで構成されている事が特徴で、レーザー光を照射して表面の黒地層を除去すると、下層の白地が現れて、バーコードや2次元バーコードや2次元コードなどを作成できます。

セララベル耐熱・耐薬品テスト ムービー

特 長

ラベルサイズ

超小型から大型まで任意のサイズが可能 (標準的には0.5cm2〜150cm2)

基板の種類

標準はステンレスだが、ニッケル合金、アルミ、セラミック、ガラス基板も使用可能

基板の厚さ

0.2、0.6、1.0mmの3種類(ステンレスの場合)

基板の形状

任意のラベル形状、指定された穴が可能(ステンレスの場合)

セラミック層

硼珪酸系(無鉛)、シリコン樹脂系が選択可能

コード

任意のバーコード、2次元コードそれにイメージが作成可能

耐熱性

最高1,200℃、他に400℃、600℃、800℃のタイプも可能

耐薬品性

特 性 セララベル-LSL (標準タイプ)
塩酸 HCl (5%、20℃) 10日以上
硫酸 H2SO4 (5%、20℃) 250日以上
アルカリ 苛性ソーダ NaOH (5%、20℃) 120日以上

用 途

800℃近い高温の鉄鋼ビレットに、管理用のバーコードを現場で発行して取り付ける。
自動車や航空機の部品管理銘板にバーコードを入れたものを現場で発行して、取り付ける。

セララベルLSL レーザー描画前

<レーザー描画前>

セララベルLSL レーザー描画後

<レーザー描画後>

セララベルLSL YAGレーザーでのマーキング

<YAGレーザーでのマーキング>

Page top