• TOP
  • 製品紹介
  • セララベルグリーン

セララベル® グリーン(GL)

セララベル® グリーン

未焼成のセラミックスラベル。使用される生産ライン内の熱処理工程で焼成し熔着される。

通常の紙用ラベルプリンターで現場発行が可能(インクリボンは専用)。ガラス、金属、セラミック等に熱熔着されると、耐熱、耐薬品、それに耐久性に優れたセラミックのバーコードラベルに変身します。

特 長

品 種

品 種 焼成温度 焼成できる素材
GL-400SS 360〜420℃ カーボンペーパー、ガラス
GL-450 400〜600℃ アルミ、ステンレス、セラミック、ガラス
GL-600 550〜650℃ ステンレス、セラミック、ガラス
GL-600G 580〜660℃ 耐熱ガラス
AGL-600 550〜620℃ アルミ
GL-800 750〜900℃ ステンレス、セラミック、陶磁器
GL-1000 900〜1150℃ ステンレス、セラミック、陶磁器
GL-1000Q 1000〜1100℃ 石英ガラス
GL-1200 950〜1250℃ 衛生陶器
GL-1400 1300〜1400℃ セラミック

耐薬品性

  • 良好
  • GL-450では、焼成前に下記の薬品処理を行ってから焼成しても、バーコードの読み取りが可能。
    NaOH (8%、20℃、30秒)HF (8%、20℃、30秒)NH4F (5.5%、20℃、30秒) →焼成

仕 様

材質 未焼成セラミック
厚さ 0.03〜0.12 mm
取り付け方法 裏面の粘着剤により仮止めし、焼成後に素材に熔着する
バーコード すべてのコードに対応 (二次元コードにも対応)
PCS値 75% 以上

用 途

  • ディスプレイのガラスパネルの生産工程管理、品質管理
  • 自動車用ガラスの品質管理
  • 理化学ガラス容器の管理
  • アルミインゴットの熱処理工程
  • 衛生陶器などの陶磁器の焼成工程
  • セラミック電子部品の焼成工程
  • 鉄鋼製品の生産管理

図1. セララベルグリーンの断面図

図2. セララベルグリーンの代表的な焼成カーブ

その他のGL

急激に温度が上昇する特殊な昇温工程に対応したGLや、上記以外の素材に焼成するGLが開発可能です。御相談下さい。

Page top